読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人だっていいじゃない 気ままに国内旅行

不定期ですが一人旅とかの写真上げてま~す

小回り伊豆旅行 〜迫り来る金目鯛〜 in 熱海 伊東 修善寺 二日目その① 2016.8.15-17

さて二日目になります。熱海から伊東へと移動しました。伊東駅周辺や城ヶ崎海岸に行きました。

熱海駅前の商店街でお土産を買いつつブラブラ。9時頃でしたがお店もやっていて賑やかでした。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819134333j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819134346j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819134402j:image

伊東へはJRで移動。参考に再びGoogle先生をば笑

 

電車は伊豆急行という名で、海岸線と平行に並んだ座席もありそこからは綺麗な景色も見れます。行きは埋まっていて座れませんでしたが笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160819135426j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819135440j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819135454j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819135505j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819135521j:image

あと一駅!笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160819135550j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819135605j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819135619j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819135642j:image

伊東観光協会のHPから借用しましたが、駅前の地図はこんなのです。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819140622p:image

湯の花通りという通りを抜けてまずは東海館へ。必ずと言っていいほど雑誌に載っていますね。伊東の代表的な観光施設です。1928年に旅館として建てられ、1997年まで使われていたそうです。今でも入浴はできるみたいです。僕が行った時はやっていませんでしたが(^_^;)

f:id:lpnumbmtorg5:20160819141254j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819141307j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819141318j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819141333j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819141349j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819141423j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819141436j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819141450j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819141509j:image

入館料は200円です。

後から別の場所で案内人の方に聞いたのですが、この東海館は五つの三階建ての建物を繋いで作られているそうです。また内装は三人の頭領を雇い習字で言うところの真(一番しっかりした、お手本の書き方)の心で一階を、行(少しくだけた書き方)の心で二階を、最後に三階を草(一番くだけた昔の書物などで見られる字体)の心で作らせ、腕を競わせたそうです。なんだか分かったような分からないような注文ですが、作らせた富豪の方もそうだし、承った頭領もすごいですね‥‥笑

まずは一階から。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819142421j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142435j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142451j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142552j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142511j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142523j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142630j:image

火鉢がまたいい味を出してますね!

次は階段を上がり二階へ。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819142729j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142745j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142800j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142811j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142826j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819142856j:image

日本史ではおなじみ、ウィリアム・アダムスも伊東に縁のある人物だったみたいですね(o_o) 初めて知りました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819143129j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143140j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143151j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143203j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143215j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143226j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143238j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143254j:image

三階に上がると大広間がありました。入ると人気がなく静かなところに突然マネキンがあったので、驚いて声が出てしまいましたが笑 かつてはここに芸妓さんなど呼んで宴会を開いたりしていたんでしょうね。近づくとまた音楽が鳴り始めて驚きました笑 思わぬ仕掛けでしたね(^_^;)

f:id:lpnumbmtorg5:20160819143501j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143520j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143533j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143544j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143637j:image

最後に、一番上は展望階になっていました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819143712j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143725j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143739j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143747j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819143831j:image

東海館を出て、川沿いの遊歩道を歩きました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819144102j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819144113j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819144123j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819144153j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819144139j:image

ここは元交番だったものを観光案内所に改装したものらしいです。少し周辺の情報も教えてもらいました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819144230j:image

この日は東郷平八郎の別荘も開いていたので行ってみることに。奥様のリウマチの湯治のため伊東に別荘を建てたようです。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819144448j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819144459j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819144512j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819144526j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819144654j:image

イギリスに留学していた時にこの天窓を見かけ、この別荘にも取り付けたのだそう。当時としてはハイカラですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819144725j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819144735j:image

数年後には伊東市有形文化財に登録される話もできつつあるようで、写真の碁盤や左のボートの櫂(釣りが好きだったそう)なども触れるのは今の内ということだったので、めっちゃ触りました笑

碁盤の後ろの蓋の裏には犬養毅の直筆もありました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819145030j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819145042j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819145146j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819145157j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819145219j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819145347j:image

 

小回り伊豆旅行 〜迫り来る金目鯛〜 in 熱海 伊東 修善寺 一日目その② 2016.8.15-17

熱海城を見終わり、再びバスで起雲閣へ。ここは元々別荘として1919年に内田信也という人に建てられたもので、その後昭和時代に根津嘉一郎が旅館として整えたそうです。山本有三志賀直哉谷崎潤一郎太宰治など著名な作家が宿泊していたとのこと。現在は熱海市有形文化財に指定されています。熱海市役所のHPですが見やすそうだったので貼りますね。

http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=900

初め、入り口が分かりにくく少し遠回りしました笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160818143950j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144002j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144011j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144022j:image

中へ入ると、ボランティアの方が略歴を話してくれました。群青色の壁が見られますが、これは先ほどの根津嘉一郎が金沢の出身で、金沢の前田氏がこの色を特に愛していたので、使ったのだそうです。綺麗な色ですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818144137j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144151j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144200j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144210j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144238j:image

中はかなり広く、かつての浴室や客室も多く展示されていました。ギャラリーもありました。庭園も見ましたが、かなり綺麗に整えられていました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818144316j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144446j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144503j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144526j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144535j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144545j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144553j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144602j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144615j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144624j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144646j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144659j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144708j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144717j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144730j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144740j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144749j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144803j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144812j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144822j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144836j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144844j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144854j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144911j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818144920j:image

再びバスに乗り、チェックインを済ませてから晩ご飯を食べに行きました。早く終わるお店が多いので気をつけた方がいいですね。

夜は熱海のビーチ沿いにブラブラ。日中の暑さなどで少しふらふらでしたが笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160818145229j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145240j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145249j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145259j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145308j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145317j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145326j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145336j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145347j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145356j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145419j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145429j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145452j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145632j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145640j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145648j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145656j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145704j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145716j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145728j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145739j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145748j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145757j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145804j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145814j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818145822j:image

部屋に戻るとすぐ寝てしまいました(^_^;) 今から思うと外の温泉とか入れば良かったなと、ちょっぴり後悔‥‥

二日目は伊東市に行きます!

 

小回り伊豆旅行 〜迫り来る金目鯛〜 in 熱海 伊東 修善寺 一日目その① 2016.8.15-17

お久しぶりです。前回とだいぶ期間が空いてしまいましたが、更新しますね!

タイトルにあるように、今回は二泊三日で熱海市伊東市修善寺温泉の順に観光してきました。それぞれ古くから温泉地として名高く見どころも色々ありました。特に伊東温泉は観光案内所の人によれば別府、由布院と共に日本三大温泉地として数えられるそう。関東は初めてでしたが、いい感じにデビュー(?)できたかなと思います笑

「熱海も名前は聞いたことがあるけど場所が分からない!」てなことがないよう、毎度お世話になっているGoogle先生に出てきてもらいましょー

 

 f:id:lpnumbmtorg5:20160818125309g:image

新大阪からの経路、簡単なものですが伊豆半島内の市町村の位置関係はこの通りです。

雰囲気としては近畿では白浜が近いかなと個人的には思いました。

 

さて、前置きはこのくらいで進めていこうかな。

例の如く新大阪から出発。熱海駅にはのぞみやひかりなどは停まってくれないので、名古屋で乗り換えてこだまで一駅ずつ行きました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818130207j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818131205j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818131218j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818131229j:image

こだまランク(怒られそう‥‥?笑)ともなれば空席も多くかなり快適に過ごせました。雑誌を眺めたり音楽を聴いたりしているとあっという間に着きました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818131522j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818131537j:image

降りて改札を通ろうとしたらかなりの混雑っぷり‥‥。イヤーな予感がしつつも駅の外へ。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818131712j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818131725j:image

やっぱり人が多かった!最近は皆さん財布の紐が固いとは言いつつも、なんだかんだとしっかり観光に来てましたね(^_^;) 

着いたのがお昼時だったのでさっそくお店へ。駅前の商店街にある「こばやし」に行きました。るるぶなど旅行雑誌には大抵載っているとこですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818132134j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818132144j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818132156j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818132208j:image

並ぶこと50分(!?)ようやく入れました‥‥(^_^;) 目当ては金目鯛の煮付けだったので、メニューもチラチラ見つつも、注文しました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818132417j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818132428j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818132441j:image

さすが高級魚!並んだかいがありました!煮付け美味しかった‥‥笑

店員さん曰く、ご飯に煮汁をかけて食べるといいとのことだったので試してみましたが、甘さとマッチして、これまたいい食べ方でしたよ。

この後、商店街をブラついて市内を観光しました。目当ては錦ヶ浦、熱海城(観光用のお城ですが)、起雲閣です。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818133151j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818133208j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818133220j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818133232j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818133245j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818133302j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818133327j:image

ちなみに、湯〜遊〜バスという市内を循環しているバスがあります。1日乗車券もあり、750円で販売しています。またこの券を提示すると割引きしてくれる施設も多くあります。バス停とホームページを載せますね。

http://www.tokaibus.jp/page.jsp?id=6173

f:id:lpnumbmtorg5:20160818133820j:image

てなわけでまずは錦ヶ浦へ。熱海城は次のバス停なので、健康も兼ねて(?)錦ヶ浦から歩くことに。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818134205j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818134216j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818134232j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818134242j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818134256j:image

海が近く、坂を下っていく感じだったので、景色が良かったです。少し天気が悪かったのですが、何とか持ち堪えてて良かったです。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818134416j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818134430j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818134441j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818134456j:image

まさに"崖"ですね!笑 なかなか怖かったですが見晴らしが良く、普段見られないような光景だったので感動しました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818134817j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818134831j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818134841j:image

ここに来る途中でこのトンネルを通るのですが、実はこれ竣工当時から補修されていないほど丈夫なんだそう‥‥。道はあまりにも細いので先にトンネルに入った車を優先する仕組みになっているそうです。ちょっと怖いですね笑

ここで引き返し、熱海城へ。坂を登っていきます。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818135633j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818135650j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818135735j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818135747j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818135758j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818135807j:image

日差しはキツくなかったのですが、蒸し暑く荷物も多かったので小休憩を取りました‥‥。

熱海城は大人は900円、隣のトリックアート展とセットでは1500円で入れます。バスの1日乗車券では100円引となります。

f:id:lpnumbmtorg5:20160818140115j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818140130j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818140154j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160818140208j:image

中は6回建てで、一番上は展望階になっています。浮世絵など資料も展示されている一方、子供も遊べる体験コーナーやゲームセンターもあります。家族連れだとこういうスペースも喜ばれるかもですね。

 

極上のきびだんごを追い求めて〜岡山・倉敷〜 2016.5.2-2016.5.3 二日目

再び更新!今回はSDカードをパソコン経由で上げてってるのですがすごい手間がかかりますねー。今はデジカメで直接デバイスに移せるので次からそっちに戻そう‥‥笑

さて岡山の旅も最終日です。前日に場所は確認できたので移動はスムーズでした。計画性大事(今さら)。
岡山は前にチラッと言いましたが路面電車も走っています。せっかくなので使ってみることに。エリアによって若干違いますが岡山駅から岡山城の最寄り駅までは片道100円です。
ホテルで朝食バイキングを済ませて岡山駅まで歩きました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181700j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181702j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181703j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181705j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181706j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181709j:plain

 マップも参考用に載せますね。

で、最寄り駅の「城下」に到着!「じょうか」ではなく「しろした」なんですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181711j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181710j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181712j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181713j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181714j:plain

最寄り駅とは言いつつもわりと距離はあります笑 最寄り駅って何やねん!てなりますね笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181718j:plain

前日は岡山城→後楽園の順番でしたが今回は後楽園から行きました。個人的には後楽園→岡山城の順番が好きかも。両方とも正面から入れますしね。まあ参考までに。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181719j:plain

後楽園入り口です。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181720j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181721j:plain

自動券売機と有人の売り場があります。後楽園と岡山城の共通券もあり、560円で買えます。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181722j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181723j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181725j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181724j:plain

まず感じたのはその広さでした。下手したら岡山城のある土地以上じゃないかなんて思ってしまうほど。すごいですねー…。二割くらい下さい!てお願いしたくなりますね笑 遠くに岡山城を臨めるのもまたいいですね。余談ですがかつては岡山城内の緊急用の抜け道は後楽園内のどこかに通じていたようですよ。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181727j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181729j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181726j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181734j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181735j:plain

所々に休憩所もあります。歩きつかれたら立ち寄るのもいいかもですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181731j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181732j:plain

ここに船の停泊していた時代もあったんですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181737j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181736j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181738j:plain

「ここからなら一望できる!!」テンションが上がっていたのですがここでSDカードの容量が切れるというアクシデントに…。つらい…f(^^;; 泣く泣くケータイで撮りました笑 計画性大事って言ったの誰でしたっけね?(鼻ホジ

f:id:lpnumbmtorg5:20160515234401j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234438j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234501j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234528j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234546j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234608j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234623j:image

お金持ちはやることがすごい‥‥。なんだか新しい世界を見た気がしました笑 次に橋を渡って岡山城へ。前日の写真とはまた別の顔が見られるのでは。

f:id:lpnumbmtorg5:20160515234810j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234821j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234831j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234856j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234942j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515234955j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515235005j:image

岡山城はその黒い外観から「烏城」とも呼ばれています。珍しい色使いですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160515235106j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515235119j:image

エレベーターと階段で6階まで上がりそこから下っていく行き方でした。6階は展望台になっています。

f:id:lpnumbmtorg5:20160515235247j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515235318j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515235325j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515235345j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515235359j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515235410j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515235419j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160515235444j:image

全フロアを見終わり、城内の休憩所でコーヒーぜんざいを食べてみました。なんとまあコナンでも出てきたみたいです。

f:id:lpnumbmtorg5:20160516000228j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160516000242j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160516000251j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160516000303j:image

大体行きたいところは行ったので帰ることに。いいタイミングで電車が来たので飛び乗りました笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160516000441j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160516000522j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160516000616j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160516000632j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160516000641j:image

ラスト中国地方は岡山で一応の締めくくりとなります。観光しやすい所だなと感じました。倉敷岡山城もきちんと整備されていて回りやすかったです。手軽に行ける距離なのもいいですね。

さて次の行き先ですが、夏には放水期になる黒部ダムかなあなんて考えています。まだ予定ですが笑

ではこの辺で。お読みいただきありがとうございました!(^ー^)ノ

 

 

 

 

 


 

 

 
 

極上のきびだんごを追い求めて〜岡山・倉敷〜 2016.5.2-2016.5.3 一日目 その③

ここでは岡山駅周辺でのお話です。晩ご飯とか夜の岡山城を見に行った話をば。

 

岡山でよく食べられているものとして、デミカツ丼という名前からも何となく察しがつくと思いますがデミグラスソースのかかったカツ丼があります。そのデミカツ丼で特に有名なのが「味司 野村」というお店です。食べログ情報ですが載せときますね。岡山駅との位置関係は上のマップ通りです。

tabelog.com

路面電車でも行けますが、歩いてもそんなにかからないです。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181604j:plain

ホテルからは歩いていきました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181605j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181606j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181608j:plain

オシャレな店構えですね。(やっとこさ着いた~)と思っていたら残念なお知らせが。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181607j:plain

え、えぇぇぇぇ…。ここまで来たのに…。残念ながら十連休中だったみたいでした(^^;

僕の前にも何人か男の方たちが来ていましたが、休業の知らせを見て「もうパ◯スロ打ちに行こうぜ!ヤケクソやわー」と嘆いていました笑 かなり共感してしまいましたね笑 まあパチ◯ロ行ったことないですが(^^;

てなわけで、岡山のもう1つのグルメ、ばら寿司を食べることにしました。酢飯の上に海のものを乗せたちらし寿司的なものですね。「割烹 さかぐち」というお店に行きました。またまたマップも載せますね。

 

 

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181610j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181611j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181612j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181613j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181614j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181619j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181615j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181616j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181618j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181617j:plain

下から2つ目の写真は「ままかり」という料理です。ご飯のお供みたいなものですね。本来は付いてこないメニューだったのですが、店員さんのご好意でサービスしてもらいました。

お店を出て、まだ時間はあったので翌日の下見がてら場所だけ把握しておこうと思い岡山城と後楽園を見に行きました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181620j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181621j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181622j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181623j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181624j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181626j:plain

夜といえども結構見に来ている人は多かったですね。岡山城と後楽園は橋が架かっているので移動しやすくなっています。

 

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181630j:plain

何やらライトアップされているようですね!中に入ってもう少し近づいてみることに。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181633j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181636j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181637j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181638j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181641j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181639j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181642j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181640j:plain

こりゃまた綺麗ですね!後で知ったのですが、期間限定でこのようなイベントをやっていたみたいです。岡山城のHPも載せますねー。

岡山城 - 川面に映える漆黒の城

一通り見てから次は後楽園の下見へ。またもHP載せますね。

岡山後楽園 - 岡山後楽園公式サイト

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181643j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181644j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181645j:plain

橋から見える夜の岡山城もいいものでした!水面に映る光景も何ともいえないほどですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181646j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181647j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181648j:plain

中は明日になってからのお楽しみ!…てなわけで場所は把握できたのでホテルに戻ることに。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181649j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181651j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181653j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181655j:plain

かなり遠回りしていたらしく、気がつけば1時間近く歩いてました笑 おかげで夜の岡山も見ることができました笑

さて、次は日付も変わり2日目に。岡山城と後楽園の話をしていきますね。

極上のきびだんごを追い求めて〜岡山・倉敷〜 2016.5.2-2016.5.3 一日目 その②

さて、ここからはアイビースクエアやその他もろもろの話をば。

大原美術館を見終わり、先ほどの金賞コロッケの前を通りアイビースクエアへ。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181508j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181456j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181509j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181510j:plain

アイビースクエアにはオルゴールのお店やホテル、大原美術館の設立に関わった児島虎次郎の記念館など見所が色々とあります。

 

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181516j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181511j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181512j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181514j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181515j:plain

思ったんですが、このお店の前にある兵隊の人形は本恐にもありましたね…(汗)

中にはオルゴールはもちろん、万華鏡も売っていました。母の日が近いこともあって何か贈り物があったらいいな、なんて考えながら入りました。

一通り観てからアイビースクエアを出て少し歩くと『桃太郎のからくり屋敷』というものがありました。桃太郎の紹介を兼ねたからくり屋敷ですね。大人なら600円で入れます。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181517j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181518j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181522j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181525j:plain

この奥のコーナーでは暗い中で突然空気が吹きかけられたりして一人で声をあげてビビッていました笑 傍から観たら変人でしたね笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181524j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181528j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181529j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181527j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181530j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181521j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181526j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181523j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181531j:plain

昔の教科書に載っていたりして今以上に親しまれていたお話だったんですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181532j:plain

この方はこの屋敷のスタッフなのですがなんとちくわを使って曲を奏でられる特技を持っていて、テレビで取り上げられたりするほどすごい人でした。ご存知の方もいるかもしれませんね。倉敷に来たときはぜひとも聴いてみてください!

からくり屋敷を出て散策再開。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181533j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181534j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181535j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181537j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181536j:plain

きびだんごを食べてみたいと思っていたので目に付いたお店に行くことにしました。持ち帰り用に売っている他にイートインもできました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181539j:plain

きびだんごセットを頼んでみました。通常の味の他に白桃、きな粉がありました。白桃が一番美味しかったですかね。コーヒーの組み合わせはどうかと思われるかもしれませんが笑 ただ、どうしても飲みたかっただけなんですよ!笑 きびだんごのパフェもありましたが、量的にやめましたf(^^;

川沿いに歩きもう少し探検を。和洋折衷て感じでおしゃれなとこですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181540j:plain

星野監督倉敷出身だったのですかね。知らなかったです笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181543j:plain

 

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181545j:plain

 

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181548j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181549j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181546j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181547j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181550j:plain

そうこうしている内に夕方に。岡山駅に戻りホテルのチェックインと晩ご飯を食べることに。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181551j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181600j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181553j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181552j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181554j:plain

案外岡山方面への乗客が多く、人にもまれながらもなんとか到着。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181556j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181555j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181557j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181559j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181558j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181601j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181602j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181603j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20160507181604j:plain

朝食付きで4500円となかなかリーズナブルでした。るるぶで見つけたのですがありがたかったですね。

さて次は晩ご飯と夜の岡山城へ!

極上のきびだんごを追い求めて〜岡山・倉敷〜 2016.5.2-2016.5.3 一日目 その①

お久しぶりです!5月2日と3日に倉敷と岡山に行ってきました。一週間ほど遅れての更新となりますが。

今年のGWは予定もちょいちょい詰まっていたので近場で一泊二日くらいで回れそうな所を考えてネットで探していたら、倉敷の美観地区やらが見つかったのでそこにしました笑 中国地方も岡山は行っていなかったので、いいタイミングでしたね。一旦今回で中国地方は終わり、次回からはまた違うところに行こうかな‥なんて考えています。では今回観光した所を紹介していきたいと思います。

最寄り駅の千里中央から新大阪まで御堂筋線で行き、新幹線に乗り換えて岡山まで。新幹線だと50分弱で着きます。そんなに時間もかからないので日帰りでも旅行できちゃいますね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160507180041j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507180148j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181346j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181348j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181349j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181356j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181357j:plain
在来線に乗り、倉敷まで行きます。倉敷マスキングテープもお土産で有名みたいで、それ仕様の電車も走っていました。オシャレですね。電車は10分間隔くらいで走っていて、比較的便利だなと感じました。ちなみに岡山から倉敷までは17分ほどで着きます。
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181400j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181358j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181359j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181403j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181404j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181406j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181407j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181405j:plain
ペッパー君も出迎えてくれました笑
倉敷駅から美観地区までは徒歩ですぐ着きます。 
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181408j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181409j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181410j:plain
美観地区に着いて、まずは『いろはに小路』というお店に。ここはお土産を売っていたり、からくり展やふくろうを見られるコーナーがある三階建ての複合施設です。ここでふくろうを見ることにしました。大人は一人600円で見られます。
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181412j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181411j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181413j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181414j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181415j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181416j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181418j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181417j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181420j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181421j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181425j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181433j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181431j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181424j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181432j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181427j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181423j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181435j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181434j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181437j:plain
ここでも同じ名前の子がいました笑 宮島の時といい不思議な偶然もあるんですね笑
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181429j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181430j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181428j:plain
昼間でぐっすり寝ていましたが笑
いろはに小路から大原美術館に移動します。ここも観光名所ですね。一応、マップも載せときますね。
f:id:lpnumbmtorg5:20160509181541p:plain
大原美術館にはルソーやゴーギャンピカソなど教科書にも載っているような絵画がたくさん展示されています。その他にも古代中国などの資料も豊富です。入場料ですが大人は1300円、大学生は学生証提示で800円でしたかね。
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181438j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181440j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181439j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181443j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181442j:plain
入り口のマスキングテープの装飾が綺麗ですね!
中はもちろん撮影禁止でした。なので美術館内部の写真ばかりになります…。
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181447j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181448j:plain
大原美術館は本館や別館など三つの建物から成ります。これは別館の写真です。
別館を見た後、小腹が空いたので何か手軽に食べられるものを探しました。なかなか人が多かったり、少し高かったりして僕には入りづらいお店が並んでいましたが笑 散策がてら探してみました。
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181451j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181454j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181450j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181453j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181455j:plain
すると金賞コロッケなるものがありました。そういえば美観地区に着いてから結構目にしていました。興味もあったので早速購入してみました。金賞コロッケとタココロッケにしてみました。金賞コロッケの中身はオーソドックスなコロッケでしたが揚げたてということもあってとても美味しかったです!タココロッケもおもしろい組み合わせで新しい味でした笑
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181457j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181458j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181459j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181500j:plain
テレビでも取り上げられていたみたいですね。
コロッケを食べてから、もう一度大原美術館へ。残った東洋館で古代中国や昭和時代の芸術家の作品を見ることにしました。
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181503j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181505j:plain
途中の川で大きな白鳥(?)を見かけました。優雅に泳いでいますね笑
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181501j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160507181506j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160507181507j:plain
次はアイビースクエアなどの話をしていきたいと思います!