読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人だっていいじゃない 気ままに国内旅行

不定期ですが一人旅とかの写真上げてま~す

弾丸!伊勢旅行 in 三重 2016.12.6

12月上旬、ふと思い立って 暇だったので日帰りで伊勢神宮へ観光に行きました笑

大阪や京都からなら近鉄がメインの交通手段でしょうか。

アクセス情報など ↓

www.isejingu.or.jp

日帰りであまり時間はなかったので、シンプルに外宮→内宮→おかげ横丁の順に行きました。

 

とりあえずるるぶによれば…ですが、

伊勢神宮は神社界で最高位

②外宮と内宮(合わせて正宮)の他に宮社が色々あり、合計125になる

③内宮には天照大御神、外宮には天照大御神のお食事を司る豊受大御神が祀られている

④外宮から内宮へお参りするのが習わし

とのこと。

伊勢市駅から外宮へ

乗り換えがややこしく、途中で四日市方面とか明後日の方向に行ったりしてバタバタしましたが(笑)、なんとか伊勢市駅に到着。駅から外宮は徒歩で5分くらいでしょうか。

平日だったからか、観光客で混むかと思っていたらスカスカでした。

f:id:lpnumbmtorg5:20161230132225j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20170101115629j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20170101115753j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20170101115833j:plain

外宮

参考ページ ↓

www.isejingu.or.jp

豊受大御神をお祀りしている正宮の他に多賀宮や土宮、風宮などあります。旅行雑誌なり見ながら回ったほうがいいです。外宮をお参りした後はせんぐう館で伊勢神宮について詳しく紹介されているので寄ってみてください。

5枚目は式年遷宮前の場所らしいです。最後の御厩ではタイミングが良ければ神馬が見られるそうですよ。

f:id:lpnumbmtorg5:20161230133114j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230133155j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230133257j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230133706j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230133836j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230134010j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230134309j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230134637j:plain

式年遷宮記念 せんぐう館

伊勢神宮の歴史や文化、宮大工の道具などなど展示品が多く見ごたえがあります。入館料は300円です。

案内など

www.sengukan.jp

口コミ(トリップアドバイザー) ↓

www.tripadvisor.jp

内宮

外宮からはまあまあの頻度でバスが出ています。外宮に比べるとやはり賑わっていました。正宮、風日祈宮荒祭宮に参拝しました。季節柄、紅葉も綺麗でした。

 

案内URL ↓

www.isejingu.or.jp

f:id:lpnumbmtorg5:20161230140150j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230140242j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230140406j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230140723j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230140916j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230141002j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230141308j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230141556j:plain

おかげ横丁

内宮前に位置する門前町で、江戸時代のような街並みです。赤福などお土産が買えたりできます。食べ歩きしながら行くと楽しめるのではないでしょうか。今回は赤福で冬季限定のぜんざいが食べられました^^

店舗ガイド ↓

okageyokocho.co.jp

おすすめのお店(NAVERまとめ)

matome.naver.jp

f:id:lpnumbmtorg5:20161230142604j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230142714j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230142756j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230142847j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161230142926j:plain

 

以上、伊勢旅行でした!それではまた!

 

中山道を越えてゆけ in 長野 二日目 2016.12.27-28

長野県の旅二日目は善光寺に行きました。駅前からのバスも充実していますが歩いても行ける距離です。初めての土地で雰囲気も味わいたかったので行き帰りとも徒歩を選びました。

朝の天気予報で群馬辺りが雪と言われていたのでイヤ~な予感がして外を見ると、しっかり降っていましたw(外はマイナス1℃だったとかなんとか) ちなみに駅前の様子です。

f:id:lpnumbmtorg5:20161229174137j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229174439j:plain

善光寺

言わずと知れた観光名所です。644年に創建され1400年近くの歴史があるとか。宿坊が並んでいたり仲見世通り沿いのお土産物屋さんで賑わっている光景はいいものです。お土産にはそば饅頭、酒饅頭が個人的にはおすすめです。信州はリンゴも有名なのでそれもいいかもですね。

どえらい寒かったですが、雪が積もっている善行寺もなかなか味があっていいものが見れました。

今回はお寺の掃除があって機会に恵まれなかったですが、お戒壇巡りで地下(?)の回廊も500円で入れるそうです。宿坊に泊まると早朝に行われる法要にも参加できるそうですよ。

参考URL:国宝善光寺を100倍楽しむ方法‐信州長野善光寺参り

f:id:lpnumbmtorg5:20161229180436j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229180527j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229180632j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229180713j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229180827j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229180919j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229181016j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229181111j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229181209j:plain

仲見世通り(お土産購入&昼食)

かなり寒く手もかじかんでいたので善光寺に行った後、体を少しでも温めようと甘酒を買ったりしてました笑 お土産も購入したり。

そばを食べようと雑誌に載っていたお店に行くと、槇原敬之北村晴男高倉健などなど有名人のサインがチラホラ…。仲見世通りの裏側でしたが隠れた名店だったようです笑

食べログ情報:

tabelog.com

f:id:lpnumbmtorg5:20161229182003j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229182054j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229182144j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229182544j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229182650j:plain

 

以上、長野県の旅でした!次の旅は富山の宇奈月温泉など春にでも行けたらいいなと思っています。

気が付けば2017年まであと少しですね。更新も気まぐれで申し訳ないですが、これからもこのブログをよろしくお願いします笑

それではよいお年を!

中山道を越えてゆけ in 長野 一日目 2016.12.27-28

久しぶりの更新となります。今回は2016年の旅収めということで、一泊二日で長野県は善光寺真田丸で有名な松代へ観光しに行きました。てかぼく大河ドラマ見ないので真田丸は後で知ったことですが笑笑

 

長野駅へは新大阪から名古屋を経由して特急ワイドビュー'しなの'に乗ります。全体で大体3時間少しかかります。

f:id:lpnumbmtorg5:20161229134353j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229135735j:plain

1日目は松代へ。長野駅前のバスロータリー3番乗り場から3~40分で着きます。片道650円です。

f:id:lpnumbmtorg5:20161229140834j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229140724j:plain

 

f:id:lpnumbmtorg5:20161229141225j:plain

かつては駅として使われていたとか。今はバス停ですが。

松代では竹風堂(昼食)→旧真田邸→文武学校→象山地下壕→旧横田家住宅→松代城跡の順に行きました。ちなみに昼食はそばを食べようと思っていましたが、昼の時間に間に合わず、栗おこわでした笑

f:id:lpnumbmtorg5:20161229142423j:plain

真田邸

参考URL:真田邸|施設のご案内|真田宝物館

一言でいうと9代藩主真田幸教が義母のため建てたものだそうです。今回は宝物館の定休日の火曜だったので入れませんでした。

当時の政で使われた公の場と生活に使われていた私の場が、わかりやすく紹介されていました。

f:id:lpnumbmtorg5:20161229142851j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229142950j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229152945j:plain

文武学校

参考URL:史跡・博物館等 - 信州松代観光情報ホームページ

8代藩主幸貫が計画した藩士の子弟の学問や武芸を奨励するための学校だそうで、9代藩主の幸教が1855年に完成させたらしいです。今でも小学生や中学生の剣道大会で使われているとか。

ただやはり古いだけあって、この日は風が強くギシギシ音が鳴っていて怖かったです…(^^;

f:id:lpnumbmtorg5:20161229153941j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229154032j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229154139j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229154237j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229154334j:plain

象山地下壕

参考URL:史跡・博物館等 - 信州松代観光情報ホームページ

ここは第二次世界大戦末期に軍部が拠点として極秘裏に政府各省を移す計画の下、建設されたものです。全行程の8割ができたまま終戦を迎えたそうですが。

天井が低いためヘルメットを被って行きました。

f:id:lpnumbmtorg5:20161229162232j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229162324j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229162415j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229162514j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229162601j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229162656j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229162756j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229162916j:plain

旧横田家住宅

参考URL:旧横田家住宅|施設のご案内|真田宝物館

信州松代藩真田家の家臣の横田家が藩から与えられた家です。その後も大審院長や最高裁判所長官、鉄道大臣などなど優秀な家系だったそうです。中級武士の暮らしがよくわかるとこです。

f:id:lpnumbmtorg5:20161229163953j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229164047j:plain

松代城

元々武田信玄上杉謙信と戦う拠点として築かせた城で、最後は1622年から真田家が10代にわたり城主として続いたとか。春は桜の名所となるらしいですが、ただ"跡"である上にぼくが行ったのが冬なので、もう何もない木があるだけでした笑笑

参考URL:松代城跡|施設のご案内|真田宝物館 (桜の咲いている写真もあります)

f:id:lpnumbmtorg5:20161229165339j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229165436j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229165529j:plain

蔦谷本店 (お土産に)

松代城跡に行く前にお土産を買おうと寄ったとこです。商品も多く松代に寄った帰りにでも行くといいと思いました。

お店のURL:蔦屋本店

口コミ:松代土産を買うのに最適 - 蔦屋 本店の口コミ - トリップアドバイザー

鳥蔵(晩ご飯)

長野駅近くで探していたら信州地鶏の水炊きが一人前2376円でリーズナブルだと思い行きました。ただ鍋は二人前からで(それはそう)、店員さんにお願いして一人前に調節してもらいました(^^; 四人で使うであろう個室も一人で使わせてもらいました…w

料理ですが、出汁が鶏ガラでとても美味しかったです。追加でたたきも注文しました。おすすめなので長野に行く機会があれば、"できるだけ二人以上で"行ってみてください笑

参考URL:鳥蔵 本店 (とりぞう) - 長野/鳥料理 [食べログ]

信州地鶏の紹介:全国地鶏銘柄鳥ガイド

 

f:id:lpnumbmtorg5:20161229172236j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229172322j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229172405j:plain

f:id:lpnumbmtorg5:20161229172447j:plain

 

飛騨牛を追いかけて山奥へ in 飛騨高山 二日目 2016.8.24-25

高山での旅も二日目!初日に行けなかった所も含めて歩いてみました。
ここでは朝市も見所となっています。宮川沿いの宮川朝市と初日に見た高山陣屋の前での陣屋前朝市の2つがあります。無休で、時期によりますが基本的に7時から12時までやっています。

まずはチェックアウトを済ませて宮川朝市へ。家で採れた野菜や工芸品、お土産も売っています。
f:id:lpnumbmtorg5:20160902124355j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902124429j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902124459j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902124547j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902124626j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902124703j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902124726j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902124755j:plain
飛騨牛の肉マンやらもあって朝食代わりに食べてみたり笑
f:id:lpnumbmtorg5:20160902124920j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902124956j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902125038j:plain
お土産を買ったりしたあとはブラブラ。なんとなく高山陣屋の方向へ。
f:id:lpnumbmtorg5:20160902125303j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902125337j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902125425j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902125457j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902125641j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902125708j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902125956j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902130038j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902130112j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902130218j:plain
だいたい見れたなーと思い、時間の関係上行けなかった高山市政記念館へ。高山陣屋からちょっとだけ歩いたところにあります。元々市役所として使われていた建物で現在は高山の歴史を紹介する場として公開されています。
f:id:lpnumbmtorg5:20160902130655j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902130722j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902130747j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902130830j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902130907j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902130943j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131027j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131051j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902131123j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131143j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131203j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131229j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131305j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131336j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131533j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131601j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902131642j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131712j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902131744j:plain
内装も昔のままで展示品も含めて雰囲気が味わえて良かったです。
そして再び散歩を開始。お土産も買い足しつつ。
f:id:lpnumbmtorg5:20160902132121j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902132159j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902132228j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902132312j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902132341j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902132407j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902132432j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902132459j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902132524j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902132556j:plain
歩いているうちに『飛騨高山まちの博物館』を見かけたので入ってみることに。高山の産業やら伝統やらかつての町人の暮らしぶりやらが展示されています。建物は昔の土蔵を使っているようです。
f:id:lpnumbmtorg5:20160902133223j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133257j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133316j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133339j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133357j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902133450j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133513j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133553j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133610j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133647j:plain
その後、まだ飛騨牛の握りを食べていなかったので探しに行きました。初日に多くの人が並んでいたお店へ。こって牛という所です。
https://s.tabelog.com/gifu/A2104/A210401/21012215/
f:id:lpnumbmtorg5:20160902133906j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133925j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902133945j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902134007j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902134022j:plain
素材の(?)味を確かめるべく、塩味で食べてみましたが酢飯とちょうどよくマッチして美味しかったです!
f:id:lpnumbmtorg5:20160902134331j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902134355j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902134431j:plain
出発まで時間があったのでご当地Tシャツなどなど探していました笑
そうこうしているうちに時間もきたので行きと同じく、山を駆け抜け(?)帰りました。
f:id:lpnumbmtorg5:20160902134804j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902134819j:plain
f:id:lpnumbmtorg5:20160902134925j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902134943j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902135005j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902135021j:plainf:id:lpnumbmtorg5:20160902135035j:plain

今回はここまでとなります。
現在まで昔の町並みが残っていたので雰囲気も味わえたり、飛騨牛にも舌鼓を打てたりといい旅になったと思います!少しアクセスには難儀しましたが笑

それでは!(* ̄∇ ̄)ノ

飛騨牛を追いかけて山奥へ in 飛騨高山 一日目 2016.8.24-25

夏休みの一人旅第二弾ということで岐阜県高山市に行きました!

 

高山市は山奥にはなりますが、かつては城下町として栄え、現在も多くの人が観光に来ています。今回も観光客が多く賑やかでした。日本人の家族連れもそうですが何より外国人の方もいたのが意外でした。海外でも案外と有名な場所なのかもですね。

城下町としては、遡ること1585年に金森長近が豊臣秀吉の命を受けてつくったのが始まりだそうです。しかし1692年に木材がよく採れるということで幕府の直轄地になりました。城や武家屋敷は壊されたものの、商人は残り経済の中心としてあったそうです。

さて上に貼り付けましたが、位置的には岐阜県のだいぶ日本海寄りになります。もう少し行けば富山県に入りますね。今回は新大阪から岐阜までJRで行き、岐阜から特急ワイドビューひだに乗り換える方法をとりました。5時間ほどかかりましたが笑 大阪から直接高山に行く便もありますが、1日1本しかないのであまりあてにしない方がいいかもです。白川郷も含めると時間が要るので新幹線を使うべきですが、高山だけだとゆっくり行っても一泊二日で間に合います。白川郷はまた別の機会に富山に行ったついでに予定していたので、今回は飛ばしました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160829132253j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132332j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132313j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132326j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132349j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132401j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132411j:image

大垣あたりで土砂降りだったのでゲンナリしましたが、岐阜からは上がっていたので安心。木曽川を上り山間を走っていきます。教科書でくらいしか聞いたことのない地名やらが聞こえてちょっぴりテンションが上がったり笑 

出発前に新大阪で駅弁を買っていたので食べたり、音楽を聴いたりしていたら到着。

f:id:lpnumbmtorg5:20160829132823j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132835j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132849j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132901j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132912j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829132932j:image

あっ、恒例ですが参考用に高山駅周辺の地図載っけます。少し見にくいかも(^_^;)

f:id:lpnumbmtorg5:20160829134046p:image

さて、駅を出てから荷物だけホテルに預けに行きました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160829134546j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829134600j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829134612j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829134623j:image

そこからは飛騨牛の串焼きを食べ歩きしつつ、高山陣屋へ。ここは、幕府が高山を直轄地とした時に設置した役所のようなもので、行政・財政・警察業務など様々な仕事が行われた所です。

f:id:lpnumbmtorg5:20160829134907j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829134920j:image f:id:lpnumbmtorg5:20160829134959j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135039j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135052j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135104j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135119j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135134j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135154j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135250j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135308j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135330j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135343j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135407j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135423j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135438j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135456j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135514j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135542j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135604j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135626j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135645j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135659j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135712j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135722j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135729j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135738j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135749j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135759j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135822j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135844j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135854j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135907j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135918j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135930j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829135943j:image

一通り見て、いわゆる『古い街並』へ向かいます。ここは戦災などには遭わなかったため昔の街並が残っている地域です。

f:id:lpnumbmtorg5:20160829140444j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140521j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140532j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140544j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140604j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140646j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140626j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140633j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140641j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140726j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140739j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140748j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140801j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140817j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140827j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140840j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140850j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140858j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140911j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140926j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140943j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829140957j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141019j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141027j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141033j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141040j:image

春や秋には高山祭が開かれるそうです。その時に使う屋台をしまう蔵のようですね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160829141516j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141531j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141544j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141555j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141604j:image

もうこの時には夕方だったのでお店を探しつつ散策。

f:id:lpnumbmtorg5:20160829141714j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141721j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141732j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141740j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141756j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141805j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141830j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141842j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141848j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141856j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141903j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141914j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141922j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141930j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829141939j:image

先ほどの屋台を奉る神社だそう。

f:id:lpnumbmtorg5:20160829142021j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142027j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142038j:image

晩ご飯は『京や』というお店に。飛騨牛がリーズナブルな値段で食べられる所です。焼きしゃぶ定食を頼みましたが、2100円という値段の割に美味しい料理で驚きました笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160829142223j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142230j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142238j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142243j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142250j:image

食べ終わってから旅館へ戻り少し休憩してから外のホテルに入浴に行きました。高山グリーンホテルに行きましたが、入浴だけだと1000円で入れます。

f:id:lpnumbmtorg5:20160829142600j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142607j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142612j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142618j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142629j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142651j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142708j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142640j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142723j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142731j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160829142739j:image

デラックスなホテルだけあって露天風呂やらがあって充実していました笑 いい息抜きになりました。

 

初日はこんな感じでした。二日目はもう少し観光していきま〜す。

 

小回り伊豆旅行 〜迫り来る金目鯛〜 in 熱海 伊東 修善寺 三日目 2016.8.15-17

さて最終日!この日は修善寺に行きました。伊東からは熱海と三島を経由してJRで行くか、バスで直接行くかのどちらかですね。今回はバスを選びました。本数があまりないので時間を調べてから行ったほうがいいです。

http://dia.tokaibus.jp/OrangeGuide/pc/table.do?pole=4&busstop=2001&kind=1

これが時刻表ですが、 '修' と書いてあるのがそうです。本数が少なく時間も中途半端で困りました笑 とりあえず朝早く8時のに間に合うようにしました。

 

1時間前後くらいで着きます。1130円かかったかと思います。一応これで『小回り』としたのが分かっていただけるのではないかと思います。

修善寺温泉自体、開湯1200年になるそうです。平安時代初期に弘法大師が見つけたのが始まりだとか。歴史があるんですね。

チェックアウトを済ませてバス停までの途中にあるパン屋さんで朝食を購入。8:10発のバスなのにここは8時開店だったので少し慌ただしかったですが笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160820133151j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820133201j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820133210j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820133220j:image

時間も時間だったので僕以外にはおばあさんが1人だけ座っているだけでした(^_^;)

f:id:lpnumbmtorg5:20160820133316j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820133327j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820133337j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820133350j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820133403j:image

山の中を進んで修善寺駅に到着!しかし肝心の修善寺温泉まではかなり離れています。バスもありますが、せっかくなので空気を味わいたいと思い、行きだけは歩いてみることにしました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160820140557p:image

これが修善寺温泉近辺も含めた地図です。現地でもらうことも出来ますよ。

てなわけで出発!

f:id:lpnumbmtorg5:20160820140702j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820140734j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820140822j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820140832j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820140842j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141016j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141027j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141035j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141044j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141054j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141102j:image

歩くこと30分!炎天下で汗だくになったり、道路の山側を歩いていたらヘビが2匹も居て驚いたりしてたらようやく到着‥‥。とりあえずブラつきました。修善寺温泉内にはいくつか橋がかかっています。恋愛成就が叶うかもですね笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160820141315j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141347j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141358j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141410j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141419j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141522j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141530j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141539j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820141548j:image

川沿いを歩くと修善寺に到着!

f:id:lpnumbmtorg5:20160820142220j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820142228j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820142238j:image

大師の湯は予想以上に熱かったです(^_^;) 飲むこともできるらしいですよ。

f:id:lpnumbmtorg5:20160820142305j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820142415j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820142449j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820142436j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820142444j:image

おみくじを引くとなんとまあ大吉でした。いいことが今後もあるといいですね笑

修善寺を出て目の前にある独鈷の湯へ。弘法大師が独鈷で岩を砕いたら湯が湧き出た‥‥なんていう伝説があるみたいで、伊豆最古の温泉だそうです。足湯くらいのスペースがあります。ちなみに独鈷は仏具でこんなのです。

f:id:lpnumbmtorg5:20160820143045j:image

f:id:lpnumbmtorg5:20160820142619j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143101j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143116j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143126j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143136j:image

お土産を買いつつ歩きます。散歩道の竹林の小径てのがあるのでそこを目指してみます。

f:id:lpnumbmtorg5:20160820143403j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143410j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143422j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143431j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143541j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143551j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143601j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143612j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143622j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143629j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143636j:image

中にギャラリーがありました。季節ごとの修善寺の風景だとか行事の写真が展示されています。見学自由なので見てみたり。

f:id:lpnumbmtorg5:20160820143836j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143849j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143856j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143905j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143915j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143922j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143930j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143936j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143942j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820143951j:image

鎌倉幕府のニ代将軍である源頼家は暗殺されたのですが、母の北条政子が息子の冥福を祈って建てた指月殿てのがありました。境内の中には頼家のお墓などもありました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160820144307j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144315j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144322j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144328j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144338j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144344j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144354j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144359j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144409j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144415j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144422j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144428j:image

大体見終わったかなと思い、バスで修善寺駅へ。旅の終わりも近づいています。伊豆箱根鉄道修善寺駅から三島駅へ。そこから新幹線で帰りました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160820144530j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144537j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144543j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144707j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160820144712j:image

 

以上、伊豆半島で小回りな旅をしました。まだまだ下田や西伊豆などもそうですが、熱海や伊東ですら行けてないところもあります。伊東で東郷平八郎の別荘を案内してくれた方も言っていたことですが、もっとこれからも知識も人間的にも成長して改めて来ると、また新しいことが発見できるような気がしました。そんな日が来ることを楽しみにしつつ、今回はこれで終わりにしようかと思います。

 

それでは! 

 

小回り伊豆旅行 〜 迫り来る金目鯛〜 in 熱海 伊東 修善寺 二日目その② 2016.8,15-17

東郷平八郎の別荘を見てからは、なぎさ公園へ。彫刻が展示されていて、海の見えるギャラリーみたいなものでした。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819150137j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150147j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150201j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150235j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150251j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150305j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150317j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150326j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150337j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150347j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150400j:image

昼ご飯に駅前の美よし寿司へ。海岸沿いの国道を歩いていきます。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819150451j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150525j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150539j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150549j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150615j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150609j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819150643j:image

玉子の右隣のネタはマンボウです!初めてでしたがほんのり甘さがあって美味しかったです^ ^

JRに乗り城ヶ崎海岸へ。4000年前の噴火による溶岩が固まってできた海岸線らしいです。ハイキングコースとして人気があるスポットですね。

 f:id:lpnumbmtorg5:20160819150804j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819151137j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819151148j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819151157j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819151208j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152147j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152156j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152206j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152215j:image

 

駅からは1.5キロほど。歩いてみました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819152136j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152228j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152237j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152245j:image

かなり不安な標識でしたが、方角的にはこの中を通り抜けないといけないっぽかったので、仕方なく進んでみることに。少しアメリカの住宅地っぽい雰囲気でしたね。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819152403j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152416j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152430j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152450j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152529j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152541j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152552j:image

着くと展望台があったので登ってみました。冷房が効いていて助かりました笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160819152623j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152633j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152659j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152653j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152722j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152749j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152802j:image

絶景ですね!外に出て吊り橋を渡ってみることにしました。

風が強くなかなか海の目の前までは行けませんでしたが(^_^;) ちなみに橋は海面から23m上にかかっているみたいです。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819152853j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152901j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819152912j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153001j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153011j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153037j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153031j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153102j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153113j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153130j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153141j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153237j:image

橋を渡って海岸沿いに進みます。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819153330j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153342j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153354j:image

ジャック・ブラック主演のキングコングみたいな雰囲気でした。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819153446j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153454j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153500j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153509j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153515j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153523j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153536j:image

幕末の砲台の跡もありました。

景色も良く、来て良かったです。ここからは歩いてバスで駅に戻りました。本数が少なすぎて焦りましたが笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160819153634j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153808j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153815j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153823j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153829j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153836j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153844j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153851j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153906j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153916j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153927j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819153933j:image

帰りの電車では海の見える席に座れました。

伊東に着いてチェックインを済ませて休憩を挟んでから晩ご飯へ。台風の影響で少し風が強く不安でしたが‥‥

部屋からの景色が良かったので載せます。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819154211j:image

晩ご飯は五味屋へ。有名人もたま〜に来るそう。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819154327j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819154337j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819154345j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819154351j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819154357j:image

並ぶこと1時間!(o_o) 煮付け定食を注文するとカレイかクロムツかを選べたので、食べたことのないクロムツにしました。一つサービスしてもらえてラッキーでした!笑

f:id:lpnumbmtorg5:20160819154615j:image

外に出ると雨がパラパラ。しかし外の湯に入ろうと考えていたので行ってみることに。

再び参考に伊東観光協会のHPをば。

http://itospa.com/spa/7goodspa/

近かった弁天の湯に行きました。

f:id:lpnumbmtorg5:20160819155015j:imagef:id:lpnumbmtorg5:20160819155023j:image

雨に濡れないようにしたら角度がおかしくなりましたが笑

入浴料は250円です。いざ入ってみるととんでもなく熱かったです!(^_^;) 色々体勢を変えたり、縁に座ったりして頑張ってみましたが結局10分ほどしか入られませんでした(^_^;) ヒエー

 

以上、二日目の記録です。次は最終日、修善寺での話をば!(^-^)/